治療を受けられない人は?

目立ちにくくて痛みも少ないなど、メリットも多いインビザライン矯正ですが、人によっては受けられないケースもあります。 これはどんな人なのでしょうか? 注意したいのが、歯周病を持っている方です。歯周病は、歯垢にある細菌により歯肉の炎症が起こり、 歯を支える骨が溶けてしまうという歯の病気です。骨がどんどん弱っていくと、支えきれなくなって歯が抜け落ちてしまう可能性があります。

そのため、重度な歯周病にかかっている方が矯正歯科の治療を受けると、歯に負担がかかって進行を早めてしまう危険性があるのです。 また、顎関節症の方も矯正治療は難しいです。顎関節症とは、口を開いたときに顎が痛んだり、大きく口を開けられなかったりする症状です。 重度でなければそこまで問題ありませんが、場合によっては日常生活を送るのも困難なほど重度な症状に見舞われるケースもあります。

症状が軽めの方も、念のため歯科医師と相談のうえ、治療ができるかどうかを相談しましょう。 こうした症状を持っているにも関わらず、 矯正治療を進めてしまうのは大変危険です。歯周病や顎関節症の症状をお持ちの方は、治療前にまずその旨を伝え、 治療を受けても問題ないかきちんと確認をしましょう。