メリット紹介

インビザライン矯正における最大のメリットともいえるのが、目立ちにくいという点です。歯の矯正というと、銀の金具を歯に装着し、 それをずっとつけていなければならないというイメージがあるかもしれません。歯に取り付けるのは「金属ブラケット」と呼ばれる装置で、 これを歯に直接当てることによって歯を矯正していきます。実際に、現在でもこの方法を取り入れている歯科医院はあり、 実際に歯科矯正を成功させている例も数多くあります。

しかしインビザラインの場合には、この金属ブラケットを使うのではなく、 透明なマウスピースを使って矯正します。 金属ブラケットの場合には、口を開くとすぐに銀の金具が見えてしまうものですが、 インビザラインによるマウスピース装着の場合、口を開けた時にパッと歯を見る程度では、矯正装置を付けているのがほとんど見えません。 近くで会話をしていても、歯をまじまじと観察していないと見えないというくらい、目立ちにくい装置なのです。

このように目立ちにくいのが大きなメリットですが、そのほかにも、痛みが少ないといったメリットもあります。 これは、ワイヤーやブラケットを使った方法に比べて、歯を動かす距離が少ないためです。通常は約0.3ミリ動かすところを、 約半分の0.15~0.2ミリ程度だけ動かします。日常生活を送ってもほとんど支障のないほど痛みを最小限にまでとどめた治療方法なので、 安心して受けられるでしょう。

◎歯科矯正関連◎
インビザライン矯正 メリット・・・インビザライン矯正のメリットの記載があり、記事作成で参考にしました。